領域指導法(表現Ⅱ)

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、保育の内容・方法に関する科目、領域及び保育内容の指導法に関する科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和4年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-119 領域指導法(表現Ⅱ) 1単位 1年次 後期 長﨑 結美
科目分類 専門教育科目、保育の内容・方法に関する科目、領域及び保育内容の指導法に関する科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和4年度生
科目コード 単位 開講時期
D-119 1単位 1年次後期
担当者 長﨑 結美

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、社会福祉科子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「保育内容とその指導法についての基礎的な知識を習得し、遊びなどの具体的な活動を計画することができる」、「保育に必要な基礎的な表現の活動ができる」、「教材を研究し、子どもの姿に合わせて活動を工夫しようとする姿勢を備えている」に関連しています。また、専門教育科目の「教育課程及び指導法に関する科目」及び「保育の内容・方法に関する科目」に属しています。

科目概要

領域「表現」に関する理解を深め、幼児の表現活動に対する援助の方法を総合的に学ぶ。

学習成果

・子どもの表現活動に対する望ましい援助の方法を、実践的な活動と結びつけて述べることができる。
・保育者に必要とされる基礎的な音楽知識を理解し、表現活動へと展開できる。

授業計画

1.子どもの「表現」とは
2.領域「表現」と他領域との関係
3.幼児の音楽的発達
4.身体を使った表現活動
5.言葉を使った表現活動
6.音を使った表現活動
7.課題発表 「音楽と物語を融合させた表現活動」
8.歌って遊ぶ表現活動
9.作って遊ぶ表現活動
10.演じて遊ぶ表現活動
11.「総合的な表現活動」の指導 ①指導に向けて
12.「総合的な表現活動」の指導 ②指導案作成
13.「総合的な表現活動」の指導 ③指導実践
14.「総合的な表現活動」の指導 ④振り返り
15.「総合的な表現活動」の指導 ⑤まとめ

総時間数 30時間(演習30時間)
準備学習の内容/必要な時間 テキストを読み、専門用語の意味を理解しておくこと。(60分)
講義で学んだ手遊び等を復習しておくこと。(30分)
評価方法 課題に対して次回講義時に解説を行う。
試験・課題に対するフィードバックの方法 グループワークへの取り組み(30%)、授業内で課す課題(40%)、提出物(30%)
テキスト 「手あそび・体あそび・わらべうたがいっぱい あそびうた大全集200」細田淳子編著、永岡書店 ISBN978-4-522-43095-8
「コナパクト版保育内容シリーズ⑤ 音楽表現」谷田貝公昭監修、一藝社、ISBN978-4-86359-154-7
参考文献 幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領