子ども家庭福祉

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、保育の本質・目的に関する科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和4年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-126 子ども家庭福祉 2単位 1年次 前期 非常勤
科目分類 専門教育科目、保育の本質・目的に関する科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和4年度生
科目コード 単位 開講時期
D-126 2単位 1年次前期
担当者 非常勤

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、社会福祉科子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「(1)児童家庭福祉・保育・幼児教育に関する基本的な理論や知識を身につけている」「(2)子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識をもとに、子どもの発達に合わせた適切な接し方や援助方法を選ぶことができる」に関連しており、保育の本質・目的に関する科目として保育士として必要な児童家庭福祉に関する基礎的知識を学修します。

科目概要

児童家庭福祉とは、児童に対する国、地方自治体及び社会全体がその生活と発達を支援する仕組みとその活動の総体であり、それらの必要な構成要素として「理念」「児童の諸権利」「制度」「援助活動」4つの視点があげられる。従って、本講義では上記に上げた4つの視点を柱として学習し、保育者として必要な児童家庭福祉の知識の習得を目指す。

学習成果

本科目は、保育者を目指し、保育に携わることとなる学生にとって、最低限必要とされる知識を身に付けるために必要不可欠な科目であるため、現在の社会状況を加味した具体的な児童家庭福祉の実際について理解を深めるべく、事例を取り入れ、それに対して学生の考察を深め、各自深化することを必須としたい。

授業計画

1.児童家庭福祉の理論と権利保障
2.児童家庭福祉を取り巻く社会状況とニーズ
3.児童家庭福祉の歴史(欧米)
4.児童家庭福祉の歴史(日本)
5.児童家庭福祉の法律と行財政
6.児童家庭福祉の実施体制と専門職
7.保育サービス
8.子育て支援サービス
9.母子保健支援サービス
10.児童の健全育成サービス
11.虐待・家庭内暴力防止に関する支援サービス
12.社会的養護に関する支援サービス
13.障害児・難病の児童への支援サービス
14.非行防止に関する支援サービス
15.ひとり親家庭への支援サービス
16.試験

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 テキストを読み、用語を理解しておくこと。また、使用した講義資料は読み返す等復習すること(60分)
評価方法 講義中に出題する課題に対してコメントを付して次回講義の際に返却するとともに解説を行う。
試験・課題に対するフィードバックの方法 試験もしくはレポート80%、課題提出10%、平常点10%(欠席や遅刻、課題提出〆切を無断で遅れた場合等、減点する)
テキスト 新保育士養成講座編纂委員会編(2018):新保育士養成講座第3巻児童家庭福祉、全国社会福祉協議会(ISBN:978-4-7935-1159-2)
参考文献 適宜、紹介する。