保育内容(表現Ⅱ)

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、保育の内容・方法に関する科目、領域及び保育内容の指導法に関する科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和4年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-112 保育内容(表現Ⅱ) 2単位 1年次 通年 長﨑結美
川村はるみ
棚瀬麻実子
松﨑千枝子
科目分類 専門教育科目、保育の内容・方法に関する科目、領域及び保育内容の指導法に関する科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和4年度生
科目コード 単位 開講時期
D-112 2単位 1年次通年
担当者 長﨑結美
川村はるみ
棚瀬麻実子
松﨑千枝子

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、社会福祉科子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「歌や楽器などの表現の技術を使って、保育に必要な基礎的な表現の活動ができる」に関連しています。また、専門教育科目の「領域及び保育内容の指導法に関する科目」及び「保育の内容・方法に関する科目」に属しています。

科目概要

保育内容(表現)の中で、特に音楽領域に関する基礎知識の習得、および音楽表現活動に必要な技術を習得する。

学習成果

・保育者として必要な音楽的知識を習得する。
・保育・幼児教育の表現活動で必要とされるピアノ演奏技術を身に付ける。      
・幼児に歌い聞かせるのに適した発声法の基礎を身に付ける。

授業計画

【前期】
1. 保育・幼児教育における表現とは
2. 楽器を弾く表現活動の意義
3. 楽譜の読み方①指番号、音符、拍子
4. ピアノ奏法基礎①手の形
5. 幼児の音楽的環境について
6. ピアノ奏法基礎②姿勢について
7.楽譜の読み方②様々な記号
8. ピアノ奏法基礎③姿勢
9. コードネーム①ハ長調
10. コードネーム②ヘ長調
11. 歌う表現活動と伴奏について
12. 伴奏法①伴奏の基本
13. 伴奏法②伴奏の役割とは
14. 伴奏法③実践
15. 実技試験(ピアノ曲・伴奏)

【後期】
1. 弾き歌い①夏の歌
2. 弾き歌い②挨拶の歌
3. 弾き歌い③秋の歌
4. 模擬保育
5. ピアノ①譜読み
6. ピアノ②リズムについて
7. ピアノ③強弱について
8. 弾き歌い④クリスマスの歌
9. 弾き歌い⑤冬の歌
10. 弾き歌い⑥春の歌
11. 弾き歌い⑦アニメの歌
12. ピアノ④アーティキュレーションについて
13. ピアノ⑤表現豊かな演奏
14. 実技試験に向けた仕上げ
15. 実技試験(ピアノ曲・弾き歌い)

総時間数 60時間(演習60時間)
準備学習の内容/必要な時間 課題曲の譜読みと練習(45分)、課題曲の復習(45分)
評価方法 実技試験(60%)、各課題曲の完成度(30%)、振り返り用紙への記入(10%)
試験・課題に対するフィードバックの方法 課題発表に対して、演奏後講評と解説を行う。
テキスト 「ポケットいっぱいのうた」鈴木恵津子他編著、教育芸術社、ISBN978-4-87788-485-7。
「やさしく弾けるピアノ伴奏 保育の歌12か月」新星出版社、ISBN978-4-405-07139-1。
「保育者・小学校教諭をめざす人のための ピアノ曲&弾き歌い童謡~豊かな音楽表現のために~」浅沼恵輔、石田敏明他編著、圭文社、ISBN978-4-87446-088-7。
参考文献 幼稚園教育要領、保育所保育指針
その他 【実務経験のある教員による授業】ピアノ講師、声楽講師等である講師が、その実務経験を活かし、保育内容の音楽領域に関する基礎的知識の習得および音楽表現活動に必要な技術の習得のための授業を行う。本科目は幼稚園教諭養成課程および保育士養成課程の必修科目である。