社会福祉学特別演習Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
教養科目、専門教育科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和3年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-150 社会福祉学特別演習Ⅱ 2単位 2年次 通年 西野 経子
科目分類 教養科目、専門教育科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和3年度生
科目コード 単位 開講時期
D-150 2単位 2年次通年
担当者 西野 経子

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は,子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーの「(2)子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識をもとに,子どもの発達に合わせた適切な接し方や援助方法を選ぶことができる」「(3)保育内容とその指導法についての基礎的な知識を習得し,遊びなどの具体的な活動を計画することができる」「(4)言葉のつかい方,歌や楽器の活用,造形制作の方法,身体技能などの表現の技術を使って,保育に必要な基礎的な表現の活動ができる」「(5)教材を研究し,子どもの姿に合わせて活動を工夫しようとする姿勢を備えている」「(6)教養を広げるとともに,他者との協調的な関係を通して目標を同じくする者の共同体に貢献しようとする姿勢を持っている」に関連し,本専攻のカリキュラムでこれまで培われた知識,技能等を児童家庭福祉・保育・幼児教育の現場における主体的・実践的な展開をする経験と,協調性と共同体への貢献の姿勢を涵養するための科目です。

科目概要

保育者として必要な「感性」を磨くために、自らが、自然・科学・文化に触れながら、あらゆる体験を試みます。具体的には、保育教材としてイメージの参考につながることや乳幼児の子どもの姿と適切な保育環境つくりのヒントとなる発想力を身につけます。また、資格取得後の将来も、その専門性向上のための人材育成の足がかりを目指します。

学習成果

乳幼児期の柔らかい心や身体に寄り添い「あそび」を基本とした「保育の意図」とは何かについて理解する。
自然を楽しみ、科学に裏付けられた保育内容の存在意義を知り、心揺さぶられる文化の大切さを理解する。
創造性と想像力を養い、子どもの世界を楽しみながら専門的な知識を重ねる総合的な学問を身につける。

授業計画

前 期
1.オリエンテーション
2.わらべ歌の理論他
3.わらべ歌の実践他
4.わらべ歌の実践他
5.課外授業
6.課外授業
7.手作りの保育教材作成
8.手作りの保育教材作成
9.手作りの保育教材作成
10.課外授業
11.課外授業
12.楽器「和太鼓」
13.楽器「和太鼓」
14.民舞荒馬他
15.保育と食の体験
16.
後 期
1.保育と食の体験
2.聴く、奏でる、歌うこと、心地よい教材体験
3.聴く、奏でる、歌うこと、心地よい教材体験
4.課外授業
5.課外授業
6.描画の楽しみ方・染色他
7.描画の楽しみ方・染色他
8.手作りの教材
9.手作りの教材
10.手作りの教材
11.課外授業
12.課外授業
13.課外授業
14.保育と食の体験
15.保育と食の体験
16.

総時間数 60時間(演習60時間)
準備学習の内容/必要な時間 あらかじめ予定された課題について、グループや個人で主体的に調べたり、必要に応じて打ち合わせをしたり、常に他者とのチームワークつくりを兼ねた準備をすること。
評価方法 自らの表現力や感性に気付き、発展させる力を養う70% その他レポート等30%
試験・課題に対するフィードバックの方法 授業の中で適宜アドバイスを行う
テキスト 使用しない
参考文献 阿部ヤエ著「わらべうた」で子育て(福音館)、畑玲子・知念直美・大倉三代子著「わらべうたあそび」(明治図書)