社会福祉学特別演習Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
教養科目、専門教育科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和3年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-150 社会福祉学特別演習Ⅱ 2単位 2年次 通年 野崎 司春
科目分類 教養科目、専門教育科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和3年度生
科目コード 単位 開講時期
D-150 2単位 2年次通年
担当者 野崎 司春

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は,子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーの「(2)子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識をもとに,子どもの発達に合わせた適切な接し方や援助方法を選ぶことができる」「(3)保育内容とその指導法についての基礎的な知識を習得し,遊びなどの具体的な活動を計画することができる」「(4)言葉のつかい方,歌や楽器の活用,造形制作の方法,身体技能などの表現の技術を使って,保育に必要な基礎的な表現の活動ができる」「(5)教材を研究し,子どもの姿に合わせて活動を工夫しようとする姿勢を備えている」「(6)教養を広げるとともに,他者との協調的な関係を通して目標を同じくする者の共同体に貢献しようとする姿勢を持っている」に関連し,本専攻のカリキュラムでこれまで培われた知識,技能等を児童家庭福祉・保育・幼児教育の現場における主体的・実践的な展開をする経験と,協調性と共同体への貢献の姿勢を涵養するための科目です。

科目概要

身近な動植物など自然とのかかわりを核とした体験活動を構想したり教材の開発を進めたりする。体験は、子どもの体と心を育むうえで極めて重要であることから、保育所・幼稚園等の計画に効果的に組み込むための実践的プログラムの研究と開発を行うもの。

学習成果

・子どもの発達や学びの連続性を踏まえ、「体験」の重要性について説明することができる。
・保育所、幼稚園等における活動の現状をふまえ、実践可能で効果的かつ安全なプログラムを構想することができる。
・グループでテーマを決め、フィールドワーク及び実験等を取り入れながら協議を深め模擬活動を行うことができる。

授業計画

前 期
1.オリエンテーション
2.体験の意義について
3.グループテーマ①の設定
4.課題解決に向けた研究計画
5.課題解決のための調査・研究
6.課題解決のための調査・研究
7.課題解決のための調査・研究
8.課題解決のための調査・研究
9.課題解決のための調査・研究
10.課題解決のための調査・研究
11.課題解決のための調査・研究
12.課題解決のための調査・研究
13.模擬活動の計画
14.模擬活動の実施、意見交流
15.調査・研究の反省

後 期
1.グループテーマ②の設定
2.課題解決に向けた研究計画
3.課題解決のための調査・研究
4.課題解決のための調査・研究
5.課題解決のための調査・研究
6.課題解決のための調査・研究
7.課題解決のための調査・研究
8.課題解決のための調査・研究
9.課題解決のための調査・研究
10.課題解決のための調査・研究
11.課題解決のための調査・研究
12.模擬活動の計画
13.模擬活動の実施、意見交流
14.調査・研究の反省
15.演習の総括・まとめ

総時間数 60時間(演習60時間)
準備学習の内容/必要な時間 配布資料に目を通し自分の考えを整理する。
興味・関心のある素材について資料等の収集を行う。(60分)
評価方法 研究の計画及び進め方の適格性(50%)
研究の成果としての活動計画及び模擬活動の内容(50%)
試験・課題に対するフィードバックの方法 活動を見届けながら随時具体的なアドバイスを行う。
調査・研究の反省に際し、成果と課題を示す。
テキスト 使用しない(一部講義の中で資料配布)
参考文献 幼稚園教育要領解説、保育所保育指針解説、幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説、その他