子どもと音楽Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
保育の表現技術、教科に関する専門科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 令和3年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-121 子どもと音楽Ⅱ 1単位 2年次 後期 長﨑結美
科目分類 保育の表現技術、教科に関する専門科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 令和3年度生
科目コード 単位 開講時期
D-121 1単位 2年次後期
担当者 長﨑結美

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

 この科目は、社会福祉科子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「歌や楽器などの表現の技術を使って、保育に必要な基礎的な表現の活動ができる」、「教材を研究し、子どもの姿に合わせて活動を工夫しようとする姿勢を備えている」に関連しています。また、専門教育科目の「教科に関する科目」及び「保育の表現技術」に属しています。

科目概要

幼児の音楽活動の中でも、特に身体を動かす表現活動、楽器を演奏する表現活動の展開について、実践を通して学習する。

学習成果

・幼児教育におけるリズム活動の基礎を習得し、グループでリズム作品を創作できる。
・幼児を対象とした音楽活動に関して自らテーマを設定し、グループで演奏発表ができる。     

授業計画

1.リトミック①拍と数
2.リトミック②即時反応
3.リトミック③基礎リズム
4.リトミック④言葉のアンサンブル
5.リトミック⑤ボディ・パーカッション
6.演奏発表に向けた準備①テーマの検討
7.演奏発表に向けた準備②プログラムの検討
8.演奏発表に向けた準備③個別練習
9.演奏発表に向けた準備④合奏練習
10.演奏発表に向けた準備⑤小道具の準備
11.演奏発表リハーサル①舞台練習
12.演奏発表リハーサル②総練習
13.演奏発表①本番
14.演奏発表②本番
15.振り返り

総時間数 30 時間(演習30時間)
準備学習の内容/必要な時間 課題曲の予習(30分)、課題曲の復習(60分)
評価方法 実技発表(60%)、毎時間の取り組み(30%)、振り返り用紙への記入(10%)
試験・課題に対するフィードバックの方法 発表後に講評と解説を行う。
テキスト なし。
参考文献 適宜紹介する。