社会教育実習Ⅰ

科目分類 学部・学科 入学年度
資格関連科目、社会教育主事 地域教養学科 平成31年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
B-304 社会教育実習Ⅰ 1単位 1年次 後期 大西 正典,石塚 加代子
科目分類 資格関連科目、社会教育主事
学部・学科 地域教養学科
入学年度 平成31年度生
科目コード 単位 開講時期
B-304 1単位 1年次後期
担当者 大西 正典,石塚 加代子

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

当該科目は,地域教養学科ディプロマ・ポリシー「(6)自分自身の理解を深め,多様な考え方を持っている他者とともに生きる力を身につけている」に関連するとともに,社会教育法及び関係法令で定められた社会教育主事になるために必要な法定科目(選択必修科目)に該当する。

科目概要

社会教育実習の目的は、専門的な知見を踏まえた実践的な知識と技術の深化・向上及び学習者との相互理解能力の習得をはかることである。実習Ⅰでは、コミュニケーション能力とレクリエーション技術の実践的習得を主要な課題とする予定である。 社会教育指導者としての基礎を理解し、社会教育主事として必要な知識、技術、経験、自覚を涵養する。

学習成果

社会教育指導者として、多様且つ効果的な社会教育の学習事業を計画的に企図,実践できる。

授業計画

1.ガイダンス 2.社会教育実習とは何か 3.社会教育実習の目的 4.社会教育実習の意義(1) 5.社会教育実習の意義(2) 6.実習施設研修(1) 7.実習施設研修(2) 8.実習施設研修(3) 9.コミュニケーション技術の習得(1) 10.コミニュケーション技術の習得(2) 11.コミュニケーション技術の習得(3) 12.オリエンテーションの理解と実践(1) 13.オリエンテーションの理解と実践(2) 14.オリエンテーションの理解と実践(3) 15.総括

総時間数 45時間(学内実習45時間)
準備学習の内容/必要な時間 講義内容を記録し、改善事項等を次回の講義に反映する。
評価方法 試験、レポート等はコメントを記載し返却します。 課題に対して別講義時に解説を行います。
試験・課題に対するフィードバックの方法 実習評価(50%)、参加状況(30%)、レポート(20%)
テキスト なし
参考文献 実習中に適宜指示する。