専門演習Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、共通 地域教養学科 平成31年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
B-130 専門演習Ⅱ 1単位 2年次 後期 大平 剛
科目分類 専門教育科目、共通
学部・学科 地域教養学科
入学年度 平成31年度生
科目コード 単位 開講時期
B-130 1単位 2年次後期
担当者 大平 剛

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は地域教養学科のディプロマポリシーのうち、(8)の「自分の興味ある分野に関して大きな視野から問題点を把握し、その問題点に関して幅広い議論を参照しつつ自分の意見を表現し、 まとめることができる。 」に関連しており、 これまでの学修の集大成に位置する科目である。

科目概要

専門演習Iで培った研究的態度によって、自分自身が主体的に決めた研究テーマに合った方法を選び、データを積み重ね、事象についての論文を完成させる

学習成果

複数の章からなる大部の論文を破綻なく作成できること。また、その論文の中では過去の研究に対して目配りをしつつ、自らの見解を説得的に伝えることができきること。

授業計画

1.卒業論文の先行研究と問題点の確認
2.「きりぎりす」のあらすじと先行論文の検討
3.「きりぎりす」の先行研究の確認とまとめ
4.物語の論じ方について~太宰治のまとめ
5.卒業論文の章立ての検討
6.卒業論文の章立ての検討
7.卒業論文の章立ての検討
8.卒業論文の章立ての検討
9.論文の形式・書き方について
10.論文題目の決定、章立ての決定
11.論文題目の決定、章立ての決定
12.論文題目の決定、章立ての決定
13.先行研究、論文の引用等の確認
14.先行研究・引用等の確認、論文の作成
15.論文形式等の確認と論文の作成

総時間数 30時間(演習30時間)
準備学習の内容/必要な時間 配布資料から次回の授業範囲を予習し、 専門用語の意味等を理解しておくこと(60分)
評価方法 卒業論文による
試験・課題に対するフィードバックの方法 課題に対して次回講義時に解説を行う。
参考文献 太宰治『富 岳百景・走れメロス他八篇』 岩波文庫 ISBN978-4003109014