ビジネスコミュニケーションⅠ

科目分類 学部・学科 入学年度
キャリアサポート科目 地域教養学科 平成31年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
B-132 ビジネスコミュニケーションⅠ 1単位 1年次 前期 高橋 好志子
科目分類 キャリアサポート科目
学部・学科 地域教養学科
入学年度 平成31年度生
科目コード 単位 開講時期
B-132 1単位 1年次前期
担当者 高橋 好志子

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、地域教養学科のディプロマ・ポリシーの(7)に関連しており、社会において仕事をしていく場面で必要なビジネスマナー・職場のルールなどに関する基礎的内容を学習しまます。

科目概要

テキストを中心に、社会人、職業人としての基礎知識(ビジネスマナー等)について「ビジネスコミュニケーション」、「仕事の基本とビジネス文書・メール」に関する知識習得を軸に学び、1年後期に展開するビジネスコミュニケーションⅡでのより実践的な学びにつなげる。

学習成果

・ビジネスコミュニケーションⅡ終了時に「コミュニケーション能力2級」を認定する。 ・職場で必要とされる基礎項目を知識として理解する。(言葉づかい、報告・連絡・相談、電話対応、情報収集・伝達、ビジネス文書)

授業計画

1.オリエンテーション 2.ビジネスコミュニケーションの基本「キャリアと仕事へのアプローチ」 3.ビジネスコミュニケーションの基本「仕事の基本となる8つの意識」 4.ビジネスコミュニケーションの基本「コミュニケーションとビジネスマナーの基本」 5.ビジネスコミュニケーションの基本「指示の受け方と報告・連絡・相談」 6.ビジネスコミュニケーションの基本「ビジネスにふさわしい話し方と聞き方」 7.ビジネスコミュニケーションの基本「来客対応と訪問の基本マナー」 8.仕事の実践とビジネスツール「仕事への取り組み方・進め方」 9.仕事の実践とビジネスツール「ビジネス文書の基本」 10.仕事の実践とビジネスツール「電話対応」 11.仕事の実践とビジネスツール「統計・データの読み方、まとめ方」 12.仕事の実践とビジネスツール「情報収集とメディアの活用」 13.仕事の実践とビジネスツール「会社を取り巻く環境と経済の基本」 14.対人コミュニケーション「聴き方スキル」 15.ビジネスコミュニケーション 会社形式で役割を分担し実戦を想定し課題に取り組む

総時間数 30時間(演習30時間)
準備学習の内容/必要な時間 授業後に配布される”ふりかえりシート”に記入し翌授業日に提出(20分)
評価方法 ふりかえりシートは返却、試験は採点後に返却する
試験・課題に対するフィードバックの方法 授業への取り組み姿勢(20%)、ファイリング(15%)、検定試験結果(10%)、テスト(55%)
テキスト 2018年版ビジネス能力検定ジョブパス3級公式テキスト(ISBN 978-4-8207-2629-6)
参考文献 ビジネスコミュニケーション入門 箱田忠昭著、TACビジネススキルBOOK 魔法の会話101 (授業内で紹介する)