介護過程の実践研究Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、介護、生活支援技術 社会福祉科 介護福祉専攻 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
E-123 介護過程の実践研究Ⅱ 2単位 2年次 前期 委員会
科目分類 専門教育科目、介護、生活支援技術
学部・学科 社会福祉科 介護福祉専攻
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
E-123 2単位 2年次前期
担当者 委員会

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は社会福祉科介護福祉専攻のディプロマ・ポリシーの全てに関連します。また、専門教育科目の介護領域に属し、介護過程の実践的内容を学修します。

科目概要

介護実習Ⅱにおいて要介護者のさまざまな生活状況における介護過程の展開の実践を理解することができるよう、1年次の介護過程の実践研究Ⅰの講義を踏まえ、ICFの概念に基づいた介護過程の展開を学習する。また、介護実習Ⅲにおいて介護過程の実践的展開を行うための具体的準備を整え実践する。

学習成果

介護過程の理論と実践を包括的に理解するために、介護実習で実際に介護過程を展開するなかで、ICFの概念に基づき、生活機能モデルに立って全体像をとらえ、要介護者がその人らしく「よりよく生きる」ための主目標を設定することができる。さらに、主目標の実現に向けた介護計画を立案し、介護実践、評価ができる。

授業計画

1.利用者のさまざまな生活と介護過程の展開 2.利用者のさまざまな生活と介護過程の展開 3.利用者のさまざまな生活と介護過程の展開 4.介護過程の実践研究準備 5.介護過程の実践研究準備 6.介護過程の実践研究準備 7.介護過程の実践研究(情報収集とアセスメント) 8.介護過程の実践研究(情報収集とアセスメント) 9.介護過程の実践研究(課題・目標の明確化) 10.介護過程の実践研究(計画立案) 11.介護過程の実践研究(計画立案) 12.介護過程の実践研究(計画立案) 13.介護過程の実践研究準備(評価・アセスメント・計画立案) 14.介護過程の実践研究準備(評価・アセスメント・計画立案) 15.介護過程の実践研究準備(評価・アセスメント・計画立案)

総時間数 30時間(演習30時間)
準備学習の内容/必要な時間 実習要綱の確認をしておくこと。介護過程実践研究記録の作成に向けて、授業内でのグループワーク、個別指導を踏まえ、記録の追加や修正をしておくこと。(60分)
評価方法 課題(介護過程実践研究記録)提出90%、取り組み状況10%(課題提出の遅れは無責任な行動とみなし減点する)
試験・課題に対するフィードバックの方法 提出した課題(介護過程実践研究記録)について、個別に講評する。
テキスト 特になし
参考文献 適宜紹介