解剖生理学実習

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、人体の構造と機能 生活学科 栄養士課程 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
C-307 解剖生理学実習 1単位 2年次 前期 石井 洋
科目分類 専門教育科目、人体の構造と機能
学部・学科 生活学科 栄養士課程
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
C-307 1単位 2年次前期
担当者 石井 洋

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

生活科学科のディプロマ・ポリシーのうち「食と栄養に関する専門知識と技術」に関連しており、栄養士資格専門科目教育内容の「人体の構造と機能」の科目としてら人体の構造や生理機能を学修します。

科目概要

標本観察、実験などの実習体験をとおして、教科書で得た知識の定着を図る。

学習成果

正常な人体の仕組みについて、個体とその機能を構成する組織・器官レベルまでの構造や働きを理解し、簡単な説明ができる。

授業計画

1.組織の観察(1)
2.組織の観察(2)
3.組織の観察(3)
4.尿の一般性状(1)
5.尿の一般性状(2)
6.尿の一般性状(3)
7.皮膚感覚についての測定
8.重量感覚についての実験
9.味覚実験
10.血圧、発汗に影響する要因の測定(1)
11.血圧、発汗に影響する要因の測定(2)
12.循環、呼吸に影響する要因の測定(1)
13.循環、呼吸に影響する要因の測定(2)
14.胃液、膵液の消化能力の測定
15.唾液機能の測定

総時間数 45時間(実習45時間)
準備学習の内容/必要な時間 ・解剖生理学のテキストを読んで復習をしておく。(30分)
・実験前にプリントを読み手法イメージをつけておく。(30分)
評価方法 口頭諮問20%、課題提出80%
試験・課題に対するフィードバックの方法 課題については次回講義時に解説を行う。
テキスト プリントを配布する。
参考文献 授業内で適宜紹介する。