保育課程論

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、教職に関する専門科目、保育の内容・方法に関する科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-105 保育課程論 2単位 1年次 後期 高瀬 淳也
科目分類 専門教育科目、教職に関する専門科目、保育の内容・方法に関する科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
D-105 2単位 1年次後期
担当者 高瀬 淳也

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は,子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーの「(2)子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識をもとに,子どもの発達に合わせた適切な接し方や援助方法を選ぶことができる」「(3)保育内容とその指導法についての基礎的な知識を習得し,遊びなどの具体的な活動を計画することができる」「(5)教材を研究し,子どもの姿に合わせて活動を工夫しようとする姿勢を備えている」に関連し,保育内容とその指導法についての知識の習得と活動の計画に関して学ぶための科目です。

科目概要

保育・教育課程とはどのようなものであるかを学び、その必要性と重要性を理解する。また,保育課程,教育課程の編成と指導計画の作成、作成上の留意点などへの理解を深め、指導計画作成の際に必要な基本的知識を身につける。

学習成果

1)幼稚園及び保育所で編成されている教育課程や保育課程の意義と内容について理解する。 2)幼稚園教育課程及び保育所保育課程の編成内容と実践の質の向上を目指した「計画、実践、省察・評価、改善」の一連の過程とその意義と方法について理解する。

授業計画

1.オリエンテーション,保育の基本と計画 2.指導計画の種類と役割 3.保育における計画の考え方~0,1,2歳児を中心に 4.保育における計画の考え方~3,4,5歳児を中心に 5.小学校における計画との関係 6.保育における計画の変遷 7.日案から週案の作成(4歳児) 8.日案から週案の作成(3歳児) 9.教育課程の見直し 10.保育課程の見直し 11.0,1歳児の指導計画の実際 12.2歳児の指導計画の実際 13.3歳児の指導計画の実際 14.4歳児の指導計画の実際 15.5歳児の指導計画の実際

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 テキストを読み,予習を行うこと。また,講義で出される課題を確実に行うこと。(60分)
評価方法 課題に対して次回講義時に解説を行う。
試験・課題に対するフィードバックの方法 レポート70%,平常点30%(講義中の態度,遅刻・自己都合による欠席・提出課題の遅延は減点)
テキスト 「保育課程・教育課程総論」柴崎正行他編,ミネルヴァ書房(ISBN:978-4-623-05733-7)
参考文献 適宜紹介する