教育と発達の心理学

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、教職に関する専門科目、保育の対象の理解に関する科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-103 教育と発達の心理学 2単位 1年次 前期 滝澤 真毅
科目分類 専門教育科目、教職に関する専門科目、保育の対象の理解に関する科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
D-103 2単位 1年次前期
担当者 滝澤 真毅

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は,子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーの「(1)児童家庭福祉・保育・幼児教育に関する基本的な理論や知識を身につけている」「(2)子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識をもとに,子どもの発達に合わせた適切な接し方や援助方法を選ぶことができる」に関連し,子どもの心身の健康な発達に関する理論や知識とそれに基づく教育や援助の方法を学ぶための科目です。

科目概要

子どもの発達過程と発達理論について、教育・保育場面での姿などを参照しながら学ぶとともに、幼児教育における保育内容五領域や小学校における主要教科の教育活動との関連性を意識しながら、発達に合わせた教育指導について理解を深める。

学習成果

授業の内容にもとづいて,より深く理解するための質問をすることができる。 子どもの発達及び教育に関する心理学的な理論、概念、考え方、方法等について、正誤判断、語句の説明、内容の対応づけなどができる。

授業計画

1.オリエンテーション、発達の理論(発達と学習) 2.発達の理論(発達と保育・教育実践) 3.乳児期の子どもの発達と学び(運動発達、社会性の発達) 4.理解確認課題、乳児期の子どもの発達と学び(言語発達) 5.幼児期の子どもの発達と学び(健康) 6.幼児期の子どもの発達と学び(人間関係) 7.理解確認課題、幼児期の子どもの発達と学び(環境) 8.幼児期の子どもの発達と学び(言葉) 9.幼児期の子どもの発達と学び(表現) 10.理解確認課題、子どもの発達と生活科教育 11.子どもの発達と国語・算数教育 12.子どもの発達と社会科・理科教育 13.子どもの発達と総合学習 14.理解確認課題、道徳性の発達と教育 15.全体の振り返りとフィードバック

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 毎回の授業範囲となるテキストの該当部分をあらかじめ読んで,疑問点を明らかにすること。(40分)
評価方法 提出物や課題は適宜返却するとともに,最終回の授業では全体を通して課題等の傾向を踏まえたフィードバックおよび補足的な講義をおこなう。
試験・課題に対するフィードバックの方法 授業で指示する提出物(20%),授業内で課す理解確認課題(80%)により評価する。
テキスト 清水益治・森俊昭編著『0歳~12歳児の発達と学び』北大路書房(2013年)
参考文献 文部科学省『幼稚園教育要領解説』(フレーベル館) 厚生労働省『保育所哺育指針解説書』(フレーベル館)