保育者論

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、保育の本質・目的に関する科目、教職に関する専門科目 社会福祉科 子ども福祉専攻 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
D-101 保育者論 2単位 1年次 前期 西山 眞理子
科目分類 専門教育科目、保育の本質・目的に関する科目、教職に関する専門科目
学部・学科 社会福祉科 子ども福祉専攻
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
D-101 2単位 1年次前期
担当者 西山 眞理子

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、社会福祉科子ども福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「児童家庭福祉・保育・幼児教育に関する基本的な理論や知識を身に付ける。」に関連しており、教職の意義等に関する科目、保育の本質・目的に関する科目として行う。

科目概要

幼稚園教諭・保育士・保育教諭を目指す学生が、保育者の仕事とその社会的意義について学ぶ。また、保育を自らの将来の仕事として選択することの意味について考え、自らの成長と学びについて自覚を高めるための様々な視点を持つ。

学習成果

①保育に従事することの意義、保育者の役割、職務について説明することができる。 ② 自らの持ち味を省みながら、保育に携わる者に必要な資質について述べることができる。

授業計画

1.保育とは、保育者とは 2.子どもとは、保育者の役割とは 3.保育者としての倫理とは 4.保育者のこれまでの歴史を振り返る 5.保育者の資質と必要な能力とは 6.保育者としての専門性とは 7.保育者になるためには 8.保育者の一日とは 9.保育者のマナーと服務とは 10.学び、成長し続ける保育者を目指して 11.保育を記録し、振り返る 12.同僚と共に学び、高め合うには 13.環境を通しての保育とは 14.家庭、地域と共に 15.求められる、求める保育者像とは 16.試験

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 事前にテキストの次回の授業範囲を読んでおく。(60分)
評価方法 試験終了後に、模範解答と共に返却する。
試験・課題に対するフィードバックの方法 試験70%、受講態度30%
テキスト 授業中に指示する。
参考文献 授業中に適宜紹介する。