とかちの自然と歴史

科目分類 学部・学科 入学年度
教養科目、学科教養科目、地域学習 地域教養学科 平成30年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
A-107 とかちの自然と歴史 2単位 1年次 前期 大和田 努
科目分類 教養科目、学科教養科目、地域学習
学部・学科 地域教養学科
入学年度 平成30年度生
科目コード 単位 開講時期
A-107 2単位 1年次前期
担当者 大和田 努

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、地域教養学科のディプロマ・ポリシーの「十勝の自然・歴史、芸術・文化、産業・行政について基本的な知識を習得している」に関連しており、地域教養学科のの学科教養科目としての基礎的領域に属し、十勝の成り立ちについて自然と歴史という観点から学修します。

科目概要

本講は歴史・文化・自然の変遷から、十勝地方について総合的な理解を深めることを目的とする。十勝地方は明治30年以降の本州からの人口流入が大きな要因になり開拓され、現在では畑作・酪農を基幹にした地域社会を形成している。十勝地方に現在「当たり前」にある産業・風景・人々の営みなどが、歴史上どのように構築されて来たのか、理解を深める。

学習成果

十勝地方の自然と歴史について、特性を理解し、紹介し、説明することができる。 十勝地方の歴史を、北海道史・日本史・世界史の文脈に位置づけて説明することができる。 歴史を説明する際に根拠になる「史料」を用いて整理・判断が出来るようになる。

授業計画

1.ガイダンス 2.松浦武四郎の探査とその記録① 3.松浦武四郎の探査とその記録② 4.人々はどのようにやってきた?①十勝川河口・大津と漁業権 5.人々はどのようにやってきた?②測量以前の十勝とそこに暮らした人々 6.人々はどのようにやってきた?③殖民地開放と大農場・団体移住・単独移住 7.晩成社① 入植の経緯と土地を取得するまで 8.晩成社② 「マルセイ牛肉」「マルセイバタ」の生産・販売 9.晩成社③ なぜ晩成社は有名になったか? 10.大正時代の十勝-鉄道の敷設と工場の出現- 11.昭和戦前期の十勝-二つの「故郷」- 12.十勝の老舗から見る商業の変遷、絵葉書から見る観光業の勃興 13.座・劇場・映画館の史的展開 14.スケートの歴史 15.まとめ

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 以前配付した資料を読んで、授業内容を理解しておくこと。(60分)
評価方法 レポート提出後、コメントを記入して返却。
試験・課題に対するフィードバックの方法 レポート70%、参加状況30%
テキスト とくに無し
参考文献 授業中に適宜紹介する。