自立支援と介護Ⅱ

科目分類 学部・学科 入学年度
専門教育科目、介護、介護の基本 社会福祉科 介護福祉専攻 平成28年度生
科目コード 科目名 単位 開講時期 担当者
E-112 自立支援と介護Ⅱ 2単位 2年次 前期 細川 吉博
科目分類 専門教育科目、介護、介護の基本
学部・学科 社会福祉科 介護福祉専攻
入学年度 平成28年度生
科目コード 単位 開講時期
E-112 2単位 2年次前期
担当者 細川 吉博

ディプロマ・ポリシーとの関連性やカリキュラム上の位置付け

この科目は、社会福祉科介護福祉専攻のディプロマ・ポリシーのうち「介護福祉に関する知識及び介護技術を身につけている」という要件に関連しており、同専攻の専門教育科目の福祉的支援の対象者の尊厳の保持や自立支援の考え方を踏まえ生活を支える知識・技術の修得のために必要となる領域「介護」の科目群に属し、自立に向けた尊厳ある介護につながるリハビリテーションについて学修します。

科目概要

介護を必要とする人の理解と自立に向けた介護のあり方を考えるために、高齢者や障害者の整形外科疾患や身体機能障害、リハビリテーションの実際と介護実践における連携について学ぶ。

学習成果

身体面のリハビリテーションを必要とする方の自立に向けた介護実践において、疾患や状態、リハビリテーションに関する知識や技術だけでなく、医師やリハビリ専門職との連携(チームワーク)の必要性についても理解できる。

授業計画

1.リハビリテーションの理解と歴史的背景 2.整形外科疾患の検査、処置の理解 3.疾病障害の理解 外傷(骨折・捻挫・アキレス腱断裂) 4.疾病障害の理解 外傷(骨折・捻挫・アキレス腱断裂) 5.疾病障害の理解 関節(関節リウマチ・関節周囲炎など) 6.疾病障害の理解 関節(変形性膝関節症・スポーツ) 7.疾病障害の理解 (腰痛・脊柱管狭窄症など) 8.疾病障害の理解 (骨粗鬆症・ばね指など) 9.リハビリテーションの実際 脳血管障害の理解 10.リハビリテーションの実際 脳血管障害の理解 11.リハビリテーションの実際 装具の理解 12.リハビリテーションの実際 脊髄損傷 13.リハビリテーションの実際 言語障害 14.リハビリテーションの実際 言語障害 15.事例研究(地域連携活動)

総時間数 30時間(講義30時間)
準備学習の内容/必要な時間 テキストまたは指示される課題により予習復習を行う。(40~60分)
評価方法 試験70% 授業態度30%
試験・課題に対するフィードバックの方法 試験終了後に模範解答とともに返却します。
テキスト 適宜指示
参考文献 なし